手作り石鹸 輝(ひかり)を試してみました

中村です。

以前からウォークで扱っていたけど
試していなかったものの1つが

手作り石鹸 輝(ひかり)
hikari
重量:約70g(手作りのため目安) 定価:972円(税込)



先日、これをようやく試してみました(笑)。

「かがやき」と書いて「ひかり」と
読むそうです。

ビーワンサロンでもあまり知られていない
ようなので、改めてさらっと紹介すると・・・

●トリニティーZ配合
●アクアーリオ配合
●原材料からキャリーオーバーを排除
●本物の無添加石鹸

といった感じです。



で、実際に使ってみると、
無添加石鹸の特徴がすぐにわかりました。

それは、
泡立たない・・・

そもそもこの石けんのこだわりの1つが、
石鹸素地レベルでキャリーオーバー

(残留)成分を一切含まない

ので、泡立たないのも納得ですね。



体にいいのはわかる。
でも、やっぱり泡立ちはほしいので、
僕は泡立てネットを買いました(笑)。

awa

100円くらいで買えます。

で、泡立てネットに入れて
少し水を垂らしてもんでいくと、
きめ細かい泡が出るわ出るわ(笑)

無添加石鹸には泡立てネットが必須ですね。



ちなみに、我が家はボディーソープ
ではなく石鹸派です。

嫁さんがボディーソープが嫌いという
理由でそうなっています(汗)。

今家で使っている石けんも
手作りでこだわりの石けんを
使っていたのですが、

使用感の違いがはっきりわかりました!



まず、
「肌への刺激が極端に少ない」

うまく表現できないのですが、
「泡が肌に優しい感じ」。

身体を洗っていても
泡が付いている感覚があまりなく、
洗い流すとスッキリ流れてくれる。

石けん特有の洗い流した時の
ヌルヌル感がまったくありませんでした。



そして、もう1つ。
「肌がつっぱらない」

普通の市販石鹸を使うと、
お風呂あがりにほぼ必ずつっぱり感が
あったのですが、これは皆無。

今家で使っている石けんよりも
さらにつっぱらず、肌がしっとり
した感じになります。



普段そういうことをほとんど
意識したことがない男性の僕
ですらこう感じるので、

女性の方であれば、もっと敏感に
感じるのではないかと思います。



これは好みの問題ですが、

市販のボディーソープと
ビーワンバランスを混ぜる
というのも1つですが、

この石けん1つでも
十分だと思いました。

少なくとも僕はしばらく
輝石けんを使おうと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ